​三崎祭とは

​三崎祭は、ニチケイ(日本大学経済学部)最大のイベント(学園祭)です。例年、11月上旬に開催されます。​ニチケイの一体化・地域社会との交流・社会へのアピールを目的に、三崎祭実行委員会によって企画・運営されています。神田の街を学生たちがかつぐ神輿がにぎやかに練り歩くパレードは、地元商店街や地域住民の間でもおなじみの年間行事です。学内には、焼きそばやたこ焼きなどの様々な模擬店が並び、チャリティーバザーや動物園も。ゼミの研究成果発表や各種コンテストから、音楽サークルによるライブや有名タレントを招いてのコンサートまで、多種多様な催しが目白押しです。

​概要

  名称:第49回三崎祭

  主催:三崎祭実行委員会

  日時:11月2日(月)・11月3日(火)  

10時00分~18時00分

​  場所:日本大学経済学部 本館

来場者数:6831人(第48回三崎祭)

 
​委員長挨拶文
第49回三崎祭実行委員長①
第49回三崎祭実行委員長①

press to zoom
第49回三崎祭実行委員長②
第49回三崎祭実行委員長②

press to zoom
第49回三崎祭実行委員長④
第49回三崎祭実行委員長④

press to zoom
第49回三崎祭実行委員長①
第49回三崎祭実行委員長①

press to zoom
1/4

​第49回三崎祭実行委員長

皆さん初めまして!

第49回三崎祭実行委員会委員長を務めさせて頂く、小糸俊輔です。
毎年多くの来場者の方に支えられて成長してきた三崎祭も今年で49回目を迎えます。
次の50回そして100回と未来につながる学園祭を目指す為に、私たちはこれからも成長し続けます。
今年度は例年通りの開催が非常に困難な状況にありますが、みなさんが楽しんでもらえる空間を届けるという点においては、第1回三崎祭の開催と変わらずに今年度も実現させることをお約束します。
それでは、当日みなさんにお会いできることを楽しみにお待ちしております。

小糸 俊輔
​今年度のテーマ
 

年度の三崎祭のテーマを『WA』に決定いたしました。

三崎祭に関わるすべての方々と協力し合い調和する三崎祭にしたい、日本らしさを意識したあたたかな三崎祭にしたいという思いの「和」の意味を込めています。
さらに、来場してくださる方々との繋がりを大切にし、一つの「輪」となりたいという思いも込め、今年度の三崎祭のテーマを『WA』に決定いたしました。

​学園祭マスコットキャラクター
ミサコン
ミサコン

press to zoom
画家ミサコン
画家ミサコン

press to zoom
立ちミサコン
立ちミサコン

press to zoom
ミサコン
ミサコン

press to zoom
1/4

  名前:ミサコン

  身長:リンゴ2個分

  趣味:カレー屋巡り

     パンケーキ屋巡り

モットー:反骨精神

誕生背景:

経済学部の近くに『三崎稲荷神社』と呼ばれる歴史のある神社があり、稲荷神社のお使いであるキツネをベースにして尻尾の部分に日大の「N」を入れたのが初代ミサコンになります。
2014年、ミサコンは新しいデザインになり、昨年度に画家ミサコンなど新たに3種デザインが追加されました!

​注意とお願い
三崎祭での危険物、酒類の持ち込み、学生団体や宗教の勧誘等の行為は禁止させて頂いております。
また、各階にはゴミ箱が設置されておりますので、ゴミの分別にご協力下さい。
その他、当日の禁止事項・注意事項につきましては、巡回中の係員の指示に従ってください。
​皆様のご理解とご協力をお願い致します。